金融系システム開発のスペシャリスト

Kチーフ 

2003年入社

札幌システム部

経済学部 経済学科 卒 北海道出身

 

数々の金融系システムの開発に従事。2年半の東京勤務では次世代金融システム、BPR概要設計などに参画。2006年より札幌勤務となり、銀行融資部門で統合システムの移行設計・開発を経て、現在は融資システムの保守業務を担当。

現在携わっているプロジェクトと担当業務について教えてください。

「でんさい」という言葉をご存知でしょうか?

事業者の資金調達の円滑化を図る事を目的として作られた新たな金銭債権です。

日本の商慣習として古来より手形を紙ベースで振り出し、それを譲渡等により流通させる事で商取引を行ってきました。これを取引銀行を通じて電子的に記録する「でんさい」をインターネット環境から利用する事でペーパレスを実現したり、来店の手間を省いたり、支払期日当日から資金を利用する事が出来るメリットがあります。銀行側にとっても、取立等の面倒な手続きが不要となったり、紛失・盗難等のリスク回避、管理・運搬費用のコストダウン等の面でメリットがあり、将来的に手形に変わる決済手段として期待されているものです。

私は現在参加行(事業者から見た取引銀行)側のホストシステムを設計・開発しています。具体的には、でんさいネットに電子的に記録された債権(割引手形や担保等)の情報を伝送データで受け取り、ホスト側に取り込みます。取り込んだ内容を元に期日管理を行い、期日になったら資金の入金や回収等を行ったり、各種資料を作表するというシステムを作成しています。

普段どのようなことを心がけていますか?

この仕事でお金を稼ぎご飯を食べている以上、誰が何と言おうとプロである、と自分に言い聞かせるとともに、プロである自分を誇りに思って仕事をしています。

プロである以上、相手を不安にさせるような言動・態度を取らないように心がけていますが、知ったかぶりをすることなく、知らないことはすぐに教えを請います(かといって同じ事は3度以上聞きません)。

困っている時はお互い様の気持ちで快く仕事を引き受けますし、誰もが手をつけたがらない仕事も進んで引き受けます。たとえそれが指名によって与えられた仕事だとしても、自ら名乗り出た気持ちで実行しています。

また、お客様から言われたことを鵜呑みにせずに、その人の真意や心の動きを読み取る努力をし、常にそれが最善なのか?を考えています。もし、承服できない内容がある時は必ず代替案を3つ以上用意するようにし、NOで終わらせるのではなく、こちらからの提案を心がけています。

信頼関係を築くうえで基本的なことですが、確認を怠らないようにしています。メールだけで済ませずに、メールを送ったあと声をかけに行ったり、メモを残す、電話するなど、別の形でフォローするといったちょっとした心配りも大切です。小さなことの積み重ねが大きな信頼へとつながっていくと思います。

これまで辛かったことや苦労したことはありますか?

「喉もと過ぎれば暑さ忘れる」という諺があるように、今までで一番辛いと思った事があったとしても、過ぎてしまえばそうでもなかったなと思ってしまうタイプなので、辛かった事は思い出せません。

あ、でも年々、夜通しの作業が辛くなってきました(苦笑)

この仕事が好きだ!と感じる瞬間はどんな時ですか?

形のないものに命を与える工程の全てが、何かを生み育てるようで好きですね。
具体的に言うと、


 要望を要件にまとめ、徐々にブレークダウンし

 動く姿を絵や図やフローにあらわしていく
 それを命令文におとして行き、少しずつまともに動くものへ変えていく
 考えられるいろいろな側面からテストを行い、間違ったものになっていないなと確信
 最後は自分の手を離れ、誰かの役にたつものへ

 

一度も問題を出さない優秀な子であれば尚良し!

HLC の魅力ってなんですか?

みんな明るく元気ですね。
そして、三人寄れば文殊の知恵じゃないですけど、一人ひとり強い責任感と高いスキルをもっているので、たとえば、何人かピックアップしたらそれだけで一つの組織ができちゃうみたいな、多種多方面の知識と技術力がある所じゃないでしょうか?

仕事と子育て、両立は大変ではないですか?

育児休暇を取得し、社会人になって初めての長期休暇となりました。
東京で出産し、子どもが三ヶ月の頃花見の季節となりました。浅草在住だったので、天気の良い日は子供と浅草寺界隈、隅田川や上野方面に散歩に出掛けたり、三社祭、花火大会等など、移り行く季節も十分に堪能しました。
関東は待機児童が多いと聞いていたので、復帰を意識して早めに保育園探しができた事、慣らし保育期間を十分に取ることができたので、復帰直後からフルタイムで勤務する事ができました。

札幌に戻ってからも、周りの人に助けて頂きながら何とかこなせているので、とても恵まれていると思います。学童保育も午後8時まで預かっていただける所をみつけたので、平日もわりと多く仕事ができますし、休日出勤がある場合は実家の母に預ける事ができます。唯一平日夜間作業の時だけ、仲間にお願いして代わってもらうのが大変なくらいですね。
独身の頃は、毎日遅くまで仕事があって働いていて、自分がやらなきゃと思っていたし、そうする自分が好きでした。今は自分の子は自分しか育てられない、仕事は誰かにお願いすれば誰でもできるから、と、考え方を変え、自分にしかできない事と自分でもできる事、誰かに任せて良い事と誰かに任せたほうが良い事をバランスよく切り分けられるようになったと思います。
そういう意味で、以前は仕事の時間は無限にありいかに沢山仕事をこなすかという事が自分の中の命題でしたが、今は子供を迎えに行くまでの限られた時間の中でいかに効率よく仕事をこなすかという事が命題になり、実は今の方がコストパフォーマンスが良くなっていると感じています。
その分、他の人にしわ寄せが行かないよう苦慮していますけど。

今後のビジョンや目標を教えてください。

具体的な案ではありませんが、HLCのメンバーとひとつのモノやサービスを作りあげたいですね。

今は一人ひとりが別な業務に携わり、お客様がご要望されるものを期待通りに作り上げるという事がメインなので、自分達で発想し自分達で手作りするという事に憧れますね。
社内には色々なスキルや人材があるわけですから、得意分野を発揮しあってチーム力を高めて行けるような・・・。

すぐには実現できないかもしれませんが、プロジェクトメンバーを自分で人選していいものを作り上げられたら、とイメージしています。

休日はどのように過ごしていますか?趣味などがあれば教えてください。

平日は朝晩のわずかな間しか子どもと係わる時間が持てないので、休日は家事を済ませた後、子どもと遊んだり、映画や芝居を見に行ったりしています。
旅行や料理が趣味ですが、最近はめったに出かけられないので、趣味と実益を兼ねて、今年は子どもと農業体験ツアー(農産物を収穫したり、料理やフラワーアレンジメントを作ったり)に数回行って来ました。なかなか良かったです。
もう少し子どもが大きくなったら趣味と実益の磯釣りにも復帰したいです(笑)

1日のスケジュール


新卒採用
※これより先は外部サイトへリンクします。